コラム

本心を伝えるべき人

転職面談をしてきました

転職サイトビズリーチ経由で知り合った人材会社の方に、キャリアについての相談に乗ってもらいました。

すぐに動く気はないのですが、上司に歯向かって工場異動になりそうだった過去を考えると常に選択肢は持っておきたいと考えています。

いざ転職に踏み切るとき、自分に市場価値はあるのか、転職するには何歳がベストなのか、どんな会社が候補になるのかなどを事前に知っているか否かは判断材料になります。

聞いておいて損はないです。

私は新卒から10年以上同じ会社に勤めて部署を転々としてきたので、どの経歴が注目されるのか気になっていました。

キャリアアドバイザー曰く、私のケースではいずれかの職種が突出するよりは上場企業で複数の部署を見てきたのがプラスになるようです。

 

上場企業は情報開示が多く、会社法や株主を意識した仕事になりますから、同じ職種でも非上場とは業務内容が異なります。

ですので、仮に転職するとしたら同じく上場企業や、これから上場を目指す会社が良いのでは?とアドバイスをもらいました。

想定していない箇所が評価されて驚きです。

企画力のアピールと保守的な大企業体質への辟易をプロフィールに書いていたので、ベンチャー企業を案内されるとばかり思っていました。

その他の話も大いに参考になったので、今後もたまに話を聞かせてもらうつもりです。

 

誰のアドバイスを聞くべきか

新しく何かに挑戦するとき、気の置けない友人や家族に相談する方もいるでしょうが、オススメしません。

ブラック企業に勤めていて今にも倒れそうであれば転職を促すでしょうが、キャリアアップを夢見て冒険したいなどと相談すれば止められるのが関の山です。

失敗したときの責任を持ちたくないですからね。

 

本気で助言を求めるなら、プロ経験者へ声をかけましょう。

何かを決断できないでいるのは、情報が少ないからです。

その世界ではどんなルールがあるのか、成功者はなぜ成功したのか(失敗者も然り)を聞いて不安を取り除いていきましょう。

 

転職については、今後また動きがあれば発信するかもしれませんが、現時点で一つ重要な事実を掴んだので共有します。

多くの企業が募集要項で求めるスキルは“コミュニケーション能力”です。

 

近い将来、CSAで学んだ証が”コミュニケーション能力検定”のような位置付けになるかもしれません。

プロに相談したくなったらこちら(無料体験会)へお越しください。

 

-コラム
-, ,

© 2022 プレゼンテーションはコミュニケーション Powered by AFFINGER5