プレゼンテーション 会話力

特殊なコミュニケーションは炎上注意

真夏こそ大掃除

お盆休みも後半になりました。

天気も悪く、外出もはばかられる今だからこそと思い、自宅の大掃除をしました。

大掃除は年末の大仕事のイメージがありますが、実は夏に行った方が何かと都合がいいのです。

 

特にキッチンや浴室などの水回りを徹底的に掃除する場合、冬だと手足にかかる水が冷たいですよね。

今なら、滴る汗以外は何も気にせず浴槽をゴシゴシこすれます。

 

また、ご存知のとおり日本の夏は、多湿なのでカビが発生しやすいです。

この季節に彼らと戦って、清潔さを取り戻して保っていけば、年末は大掃除は中掃除くらいで済むでしょう。

ウタマロ(洗剤)と戯れて家中を洗い流し、家具や洋服の在庫を見直して断捨離したら、爽やかな風通りと充実した夏を過ごしている満足を得られました。

 

この夏、消化不良でしたら大掃除をお勧めします。

心に余裕が生まれます。

 

真夏の大失態

きっと著名な彼も心に余裕があれば、こんな惨事にはならなかったと考えています。

話題のDaiGoさんの話です。

こちらの記事にあるようにYouTubeでの発言が物議を醸しています。

該当の動画では確かに言っています。

超辛口で口から火を吹いて炎上したわけですね。

 


話題になっているのは1:53:24からのシーンです。

 

個人的には彼のファンでもアンチでもないですし、差別に対して論じたい訳でもありません。

特殊なコミュニケーション方法による事故を、教訓としてシェアしたいのです。

 

YouTube登録者数250万人もいるインフルエンサーともなると、常にキャッチーなコンテンツを発信しなければならないですから、重圧があるのだろうと想像します。

超辛口でいこうと決める発想やその中身は、きっと視聴者のウケを意識して攻めたはずです。

そこまでは賛成なのですが、動画を見ていると少し気になる点がありました。

 

どうやら彼はチャットにくる質問やコメントを斬っているようなのですが、否定的なコメントは雑に扱っているようでした。
(いつもそうなのか、今回だけだったのかは分かりませんが)

 

1対多で、口頭対テキストの特殊な会話で、基本的にはファンが集まるコミュニティでしょうから自己を肯定する形に走りたくなるのでしょう。

熱くなっていても、冷静に他人の意見に耳を傾ける姿勢がないと斬り返されてしまいます。

 

余計な発言はしない、雄弁は銀 沈黙は金 なる格言の示す意味を思い知りました。

 

話す、聞く、両方が大切です。

 

他人事ではなく、コミュニケーションを考える事例として覚えておきたいです。

 

 

 

それにしても、本件は DGDG でしたね。

 

 

 

 

 

DaiGoさんの大誤算

(ファンの方、イジってすみません)

-プレゼンテーション, 会話力
-, ,

© 2021 プレゼンテーションはコミュニケーション Powered by AFFINGER5